忍者ブログ ストーカー
[19] [16] [17] [18] [14] [15] [13] [12] [11] [10] [9]

DATE : 2017/05/28 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/02/08 (Fri)
ストーカー事件の代表ともいえる、桶川ストーカー殺人事件は、被害者側からしてみれば全く見ず知らずの人から集団ストーカー被害を受けていたことになります。
ストーカーをしていたのは、被害者の元カレの兄の知り合いだったそうです。
何の面識もない人から嫌がらせをされた被害者は、相手の正体も理由も全く分からずに不安要素だけを背負い生活していたようです。

例えば、被害者の家に頻繁に無言電話がかかってきたり、被害者の家の前に車が止まり急に大音響を出してみたりという被害を受けていたが相手が誰だか分からないために、証拠を残しにくいようです。こういった手口をAGSASでは『ガスライティング』と呼んでいるようです。 

こういう特殊工作のような手口を多用する場合が多く、現金や交際などの要求をしない、ビラやメールなど証拠が残るような手口は使わない、というように嫌がらせに特化したシステマティックなネットワークを形度っているのが集団ストーカーであるようです。

桶川の事件も集団ストーカーによる反抗になるようだが、加害者側が嫌がらせの目的を明かさない限り、ストーカー行為になるのか単なる嫌がらせになるのか目的はまるで分からないということになるようです。被害者側からしてみたら、嫌がらせの事実しか移らないので大いに不安になるようですね。

この論点から、集団ストーカーと、集団的な嫌がらせという行為がどういう論点から肯定され否定されているのか争点になっているようです。
PR
忍者ブログ [PR]