忍者ブログ ストーカー
[29] [30] [24] [23] [20] [21] [22] [19] [16] [17] [18]

DATE : 2017/07/23 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/02/23 (Sat)
ストーカーには色々なタイプに分けられると思います。その中でもここでは「復讐型のタイプのストーカー」について説明したいと思います。

【ふくしゅうタイプストーカー】
ストーカー行為に対して、被害を受けている側に原因があることが明らかである場合には、ストーカーの言い分も聞き入れて解決していく事が重要だと思います。

それによって、謝罪をしなければならない状況であるならが誠心誠意を込めて謝罪をした方が結果的にストーカー行為自体が止む場合があります。

しかし、復讐型のストーカーは被害妄想が強い方が多い場合が考えられます。それにより想像以上の復讐される場合があります。よって、話し合いが全く応じられなかった場合は手紙や内容証明などによって、迷惑しているなどの被害者側の意思をはっきりストーカー側に伝える事が可能だと思います。

ストーカー行為をどうしても止めてもらえない場合は、「公的機関に申し出をして警告をしてもらうようにする」「申し出をして禁止命令を発令してもらう」などと言った段階を踏んで手続きを取るのが有効的だと考えられます。

しかし、ストーカー行為がエスカレートしてくると、身の危険を感じる事がある場合や、ストーカー自身が自暴自棄になり悪質な行動に出た場合は迅速な対応が求められます。
その場合は、上記のような申し出を経るなどの経緯をふまずに告訴を行うのがいいと思います。話し合いよりは公権力の介入によって解決しなければならないことがあると思います。
PR
忍者ブログ [PR]