忍者ブログ ストーカー
[5] [3] [1] [25] [31] [26] [27] [28] [29] [30] [24]

DATE : 2017/04/24 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/03/20 (Thu)
【暴力をふるうストーカー対策方法】
実際に被害者がストーカーから暴力を受けることは少ないと思うのですが、もしも暴力を受けたならすぐ医者へ行き診断書をもらってきて、警察に届けた方がいいでしょう。
また、ストーカーの身元が分かっているのであれば傷害罪で訴えることも可能です。警察へ届けるメリットとしてはストーカー行為がエスカレートした場合、予め警察に届出を出していれば迅速に対処してもらえるからです。
しかし、暴力を振るうストーカーがあまりいないといっても、その暴力を振るうストーカーがどの人なのかは分かりませんよね。ですから、ストーキング行為にあったら、護身に注意しなければなりません。携帯用の防犯ブザーなどでもいいですし、派出所や交番などの位置を把握しておくのもいいでしょう。

【脅迫をしてくるストーカーの対策方法】
ストーキング行為の最初から脅迫をしてくる人はまずいないと思います。だいたい脅迫というのはストーキング行為がエスカレートしてきて、被害者に自分の意思を伝えたい、言うことを聞いてもらいたいなど欲求が出てきたときに脅迫という行動に移るのだと思います。
脅迫行為は、電話やメール、手紙などが多く、継続的に続いていくと精神的に追い詰められていくと思います。それが知らない人からの脅迫だとなおさら不安は募ると思います。
脅迫が始まったら、その証拠を残して警察に届け出ることが重要です。電話なら録音しておくとか、メール・手紙なら保存しておくとか証拠を残しておきましょう。
PR
忍者ブログ [PR]