忍者ブログ ストーカー
[25] [31] [26] [27] [28] [29] [30] [24] [23] [20] [21]

DATE : 2017/11/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/03/07 (Fri)
【親類から注意してもらうという対処方法】
ストーカーの傾向には親しい人に自分がストーキング行為をしているという事実を知られることを嫌がるというものがあります。
親に教えただけでストーキング行為がストップしたという事実もあることから、親しい人に注意をしてもらうことが事態も悪化せず安全で効果的な方法だと思います。
また、親など一緒に住んでいる方から注意してもらうと行動がチェックされるようになるのでストーキング行為が悪化するということも少なくなると思います。
これは、ストーカーしている人の身元が分かっている場合の対処法となりますので、身元が分かる場合で事情を理解してくれるような親類の方ならばこの対処方法を実行してみることをお勧めします。 

【ストーカーが若年の場合の対処方法】
25歳位までの若年のストーカーの場合は特に十分な注意が必要だと思います。これは若年の場合は暴力的な行動に出やすいという統計が出ているからです。
実際、階段から突き落とされそうになったりした例もあるみたいです。危険を予想できる場所、特に階段、横断歩道、プラットホームなどでは周囲にストーカーなど怪しい人物がいないか注意する必要があります。
そんな殺されることは無いと不用意にならずに、用心したに越したことはないので注意してください。
また、自分で解決しようとストーカーとコンタクトを取ろうとする人がいますが、その際はできるだけ二人きりで接触せずに第三者を交えた状態で接触するようにしてください。
PR
忍者ブログ [PR]