忍者ブログ ストーカー
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

DATE : 2017/07/23 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2011/01/05 (Wed)
元彼がストーカーに変化するというパターンは少なくありません。
恋人と別れ話をする際にはしっかりと相手を納得させるように対処しないと泥沼化して、執着され「別れない」という事態を招いてしまいます。
そうならないように、冷静に状況を判断し、対応していきましょう。

もし、元彼がストーカーになったら元彼の性格などを思い出し、先がどうなるか見極める事が大切です。
もしストーカー行為がエスカレートしていくようならば、できるだけ起こった行為をメモ(記録)し、証拠を残していくようにしてから警察署に相談しに行くようにしましょう。警察では規正法に基づきストーカー行動に対して「指導警告」をしてくれるようになっています。
この警告でストーキング行為が治まってくるパターンが多いです。 

また、ストーカーの中にはストーカー規正法を微妙に逃れながらストーカー行為をしてくる人がいます。
ストーカー行為が毎日のように頻繁ではない、いたずら電話も数回、つきまとい行為も月に数回など警察署に相談しにくいパターンがあります。
微妙に規正法の目をくぐりぬけて、ストーカー行為を繰り返しているため法には触れないが被害者側には相当な精神的負担がかかっていくことになります。
こうなったら思い切って引越しなど環境を変えてみることも対応策の一つとなります。

元彼がまさかストーカーに変わるとは、付き合っているときは思わないものですようね。
しかし、その片鱗はどこかで必ず出るものです。例えばキレやすかったり、攻撃的だったり、好き嫌いが激しかったりなどがそうです。
そういった行動を見逃さないようにしておきましょう。
PR
忍者ブログ [PR]